医師を探す

医院開業バンクの特徴

医院開業バンクは「開業案件をさがす医師」と「開業したい医師をさがす⽅」を
WEB上でマッチングさせるサービスです。
医院開業バンク運営事務局では適正かつ円滑なサービス運営のため、
個々のメッセージの確認を⾏っておりますが、
開業医師の選定や交渉についてはご⾃⾝の責任において実施をしていただくようお願いします。

開業医師決定までのながれ

STEP1

開業・承継案件を登録する

承継案件は匿名での掲載も可能。豊富な情報や画像を使⽤し、案件の魅⼒を伝えることが可能です。
※案件掲載は有料です。詳しくはこちら

STEP2

お問い合わせに対応する

マイページの「メッセージ」機能で案件に問い合わせをしてきた医師と直接やり取りができます。

STEP3

交渉をする・進捗を管理する

「開業医師候補管理」機能もついていますので、複数の医師から問い合わせがあった際も安⼼です。また、承継案件で秘密保持誓約書の締結の必要があった際も、サイト内にひな形を⽤意していますので、WEB上で締結することが可能です。

STEP4

契約・開業医師決定

問い合わせ対応、交渉を踏まえ、いよいよ開業医師を決定。契約を締結します。
最終契約の内容は、1つ1つの項⽬を丁寧に確認していきましょう。
秘密保持契約書や、譲渡契約書等のひな形はこちらからダウンロードできます。

お問い合わせ対応の際のポイント

交渉は複数の医師と並⾏して⾏ってもよい

開業を希望する医師が同時に複数の案件に問い合わせをすることは決して珍しいことではありません。また、一人の候補医師の対応・交渉が終わってから次の方へという進め方では、時間もかかり、問い合わせをした医師の状況や気持ちも変化をしてしまう可能性があります。
そのため、複数の候補医師から問い合わせがあった際には、一定まで交渉が進み相手を絞り込むまでは、並行して交渉を進めることは問題ありません。ただし、必要以上に相手を待たせてしまったり、失礼な対応となったりしないよう、連絡や交渉には常に誠実かつ真摯な態度で取り組むようにしましょう。

返信はスピーディに

問い合わせ対応に際し、複数の案件に問い合わせをしている医師相手であれば特に、相手に「本気度」を伝える最も有効な手段は「レスポンスの早さ」になります。
「問い合わせをしたのに、1週間も連絡が来ない」ということでは、交渉や契約、開業後のお付き合いも誠実にできるのか、疑われてしまいます。
医師の仕事は忙しく、お話の時間を確保することも難しい方もいます。だからこそ、問い合わせや医師の方から連絡がきてすぐは繋がりやすいタイミングです。問い合わせや連絡への返信はスピーディに行いましょう。

スケジュールを意識し、共有する

医院開業は新規であれば6〜12ヶ⽉、⻑いと1年半にもおよぶ⻑い活動です。 だからこそスケジュールを⽴て、管理することは何よりも⼤切ですし、特に忙しい医師が相⼿では、⽴てたスケジュールを共有しておくことが重要となってきます。
「◯⽇までに意思決定をする」「◯⽇までに書類を提出する」など、期限を区切りスケジュールを共有することがスムーズな開業への近道です。
「良い案件があれば開業したい」という医師のスケジュールに「⽇付」を⼊れることが開業への第⼀歩となります。

専⾨家へ相談する

ご⾃⾝のクリニックを承継していただける医師を探すとなると、「承継へ向けての進め⽅がわからない」「医師の⾒極め⽅がわからない」「⽇々の診療に忙しくて連絡を取り合う時間がない」など、⼀⼈で進めるには困難が予想されます。そんなときは専⾨家へ相談をしてみてはいかがでしょうか︖
知識や経験も豊富な専⾨家は、承継までの進め⽅や双⽅の連絡事項伝達、スケジュール管理など、様々な⾯でサポートをしてくれます。
時間や知識・経験の対価と考えれば、費⽤がかかったとしても決して⾼くはないはずです。困ったときは専⾨家への相談を検討することもおすすめします。